さつえいぼ@毛無峠

群馬の秘境,毛無峠へ!

今回は群馬県と長野県の県境に位置する毛無峠に行った時の写真を投稿したいと思います.前の投稿に続き,まだ8月です笑
毛無峠はかの有名な(?)「翔んで埼玉」に登場する群馬県,この先危険,の看板があるところです.ほんと群馬馬鹿にされすぎですよね笑 でもその看板が実在するということでmotoyuki探検隊,調査に行ってきました!

エンジンがかからない!

自宅から毛無峠への中盤に差し掛かったところでいったん休憩のため,車を停車し,近くの池を撮ってみました.

f:id:moto_yuki:20201109235820j:plain
休憩地点
のどかだな~なんてもう少しゆっくりしたかったですが,ちょっと道幅が狭いところだったので,先を急ごうと車に乗りました.しかし,,エンジンがかからない! セルモータをキュルキュル回すんですが全然かかってくれません.これは結構焦りました.セル回しは結構バッテリー食うのにこんなところでバッテリー上がったらどうなっちゃうの?!と.いろいろ試して最終的にアクセルを少し踏みながらセルを回してみると何とかエンジンがかかり,事なきを得ました.そういえばバッテリーがへたって来てると車検の時に言われたのを思い出したので,後日新品に交換しました.

毛無峠に到着

途中の道も十分秘境だったのですが,何とか目的の毛無峠にたどり着くことができました.

f:id:moto_yuki:20201114142643j:plain
ここから群馬県
これが,「翔んで埼玉」に出てきた看板です.さすがの秘境感ですね.
f:id:moto_yuki:20201114142941j:plainf:id:moto_yuki:20201114142926j:plainf:id:moto_yuki:20201114142930j:plainf:id:moto_yuki:20201114142934j:plain
毛無峠
とても見晴らしのいい,素晴らしいところでした.車を停めるところもはっきり決まっているわけでもなく,適当においている感じでした笑 テントなどを構えてキャンプする方が多かった印象です.私は日帰りで行ったのですが,いつかまたキャンプしに行きたいです.もうおそらく使われていない鉄塔?がいいアクセントになってgoodでした.

帰りに秘湯,草津へ!

秘湯どころか超名湯ですよね,ごめんなさい笑 日帰りで毛無峠へ行った疲れを癒すため,急遽草津へ寄って帰ることにしました.草津は昔から何度も訪れている場所なので落ち着くんですよね.ちちやってとこの栗あんが入った温泉饅頭がほんとにおいしんです.全国に広めたい!

寄り道たくさん

毛無峠にいたころはおおむね晴れてたんですが帰り道,急に霧がかって雨が降ってきました.これはこれで幻想的でよかったです.あまりよくないかもしれませんが周囲に車がいないのを十分確認したのち,一瞬だけ車を停めて車内から撮りました.

f:id:moto_yuki:20201114151752j:plain
霧がかる毛無峠
毛無峠から草津に向かう途中,嬬恋村でなぞのばしょに迷い込みました.なぜだ,探検セットは使ってないぞ!門がいくつかあり,最後に鐘のオブジェクトがありました.近くの看板を見ると愛妻の鐘と書いてありました.各門には妻を気遣う夫の鉄則が書いてあります.ん,E.何もしないって平然と並んでますがなんこれ笑 余計なことするなってことか笑笑 まあなんにしてもなぞのばしょどころか,夫婦円満の秘訣にもつながるような素敵なところでした!(やけくそ)
f:id:moto_yuki:20201114153148j:plain
愛妻の鐘
群馬ではこの嬬恋村で育てているキャベツ(通称:嬬恋キャベツ)が有名です.そんなキャベツ畑でもカシャッ
f:id:moto_yuki:20201114155205j:plainf:id:moto_yuki:20201114155209j:plain
嬬恋村のキャベツたち
これ全部栽培して,収穫して,ってほんと大変ですよね.農家さんには頭が上がりません.これからも感謝をもっていただきたいと思います.

草津温泉に到着

そんなこんなで寄り道しながらも草津温泉に到着しました.湯畑周りはこじんまりとしてはいますが,その分回りやすいですよね.前述したちちやの温泉饅頭はこの湯畑でバラでも売ってます.ぜひ一度,ご賞味いただくことをお勧めします

f:id:moto_yuki:20201114155659j:plainf:id:moto_yuki:20201114155702j:plain
草津温泉湯畑
湯畑から少し車を走らせたところにある大滝乃湯では草津温泉に日帰りで入ることができます.草津温泉は熱いで有名ですが,さらに熱い湯が四段階ある合わせ湯を体感することができます.ちなみに私は二段階目で毎回限界を迎えています.
というわけで日帰り秘境旅ではとても充足感ある一日を過ごせました.毛無峠にはいつかキャンプでリベンジしたいと思います!以上!

撮影日:2020-8/29